四季報使って本気で株の勉強してみる

と、いいつつ毎回付け焼刃ですが。

ブックオフで安く売ってたので買ってみました。

四季報って、東洋経済が出版しているのですね。
最近だとコロナの情報でおなじみですが。
実際に発行している編集部が読み方を解説してくれるので当然読みやすいです。

定番のPER, PBR, ROEなどの数値の意味について教えてくれるだけでなく、
企業の決算に対してもいい意味で批判的に強気・弱気を評価しています。
また、4半期ごとに特集記事があるのもお勧めです。

ちなみに四季報オンラインでは有料(月額1,100円)で四季報先取りができるのですね。合わせて見てみたいと思います。